いよいよ2019年10月に消費税が8%から10%に増税される予定です。

消費税増税まで1年を切り、自動車の購入や買い替えを検討している方は、どのタイミングで買ったらお得なのか気になっていることと思います。

 

そこで今回は、

  • 消費税増税で自動車のおすすめ購入時期はいつなのか?
  • 増税前後で維持費や値引き額の違いは?

といったことについてみていきたいと思います。

 

自動車の購入といえば大きな買い物なので、ぜひしっかり消費税10%への増税の影響や対策を確認して、後悔のないようにしてくださいね!

スポンサーリンク

【消費税10%】自動車のおすすめ購入時期はいつ?

自動車の購入を検討している方は、まず気になるのがどのタイミングで消費税が8%から10%に上がるのかということですよね。

消費税が10%に上がるのは現状2019年10月1日からと予定されています。

 

では消費税8%で購入するためには、9月30日までに契約をすればいいのか、納車を受ければいいのか、それともそれ以外なのか、よくわからないですよね。

消費税が8%で購入するためには、購入した自動車が9月30日までにナンバーが交付され登録される必要があります。

 

9月30日より前に契約や手付金を支払っていても、生産の遅れなどで自動車の登録が10月1日以降になってしまうと、消費税は10%が適用されてしまうので注意してくださいね。

契約時の商談では9月中の納車の予定であっても、万が一納車が遅れる可能性はないとはいえないので、その場合にディーラー側で増税分を負担してくれるのかどうかを確認しておくといいですね。

 

消費税10%導入と同時に、自動車取得税の廃止が予定されています。

自動車取得税の税率は現在普通車3%、軽自動車2%となっているので、ほぼ増税分がなくなり現状と変わらないように見えます。

ところが自動車取得税の廃止と同時に新税「環境性能割(燃費課税)」の導入が予定されています。

燃費性能によって税率が0%〜3%となっていて、消費税増税・自動車取得税の廃止・環境性能割の導入を差し引きすると、トータルでは良くて現状と同等の税金かそれ以上の支払いが必要になりそうです。

 

車の購入時期を考えるには税金だけではなく、車の価格自体の値引きも考慮する必要があり、駆け込み需要が予想されるギリギリの時期では値引きがあまりないかもしれないので、2019年の前半がおすすめかもしれませんね。

実際に10月の消費税増税以降に自動車の売上が落ち込んでいたら、年度末の2020年3月に登録予定の商談をすれば、値引き交渉も有利に進められるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

消費税増税前後の維持費や値引き額の違いを予想!

消費税が増税されると、購入時の税金以外の維持費や値引き額にはどのような違いがでてくるのでしょうか。

 

消費税増税の直接の影響を受けるものとしてまず思い浮かぶのは、ガソリン代ではないでしょうか。

増税が関係なくても最近ではガソリン価格が高騰しているのに加え、増税分の2%が上乗せされると、仕事や通勤で毎日使っている長距離を走っている方には負担が増えますね。

他にも高速道路の通行料金も増税に伴って値上げが予定されていて、長距離を走るだけでもかなり影響は大きいです。

また車検費用や整備費用など維持費にも直接消費税増税は反映されます。

 

自動車保険に関しては保険料の扱いは非課税になっているので直接消費税増税の影響はありません。

ところが事故が起こった時の修理料金や医療費など保険会社の支払い額が上がると、保険料自体の値上げが行われる可能性があることから考えて、間接的には影響がありますね。

 

自動車購入時の値引き額に関しては、駆け込み需要があるので増税前にはそこまで値引きがないのではないかといった予想や、増税後は車の売上の変化によってどっちになるのかわからないといった予想が聞かれます。

ただ本当にお得に車を購入しようと思ったら、値引き額や税金の他に今乗っている車をいくらで下取りしてもらえるかというトータルの金額で検討する必要があるんです。

乗り替えを検討する時はまずは愛車がいくらで売れるか確認を!

ディーラーの下取りと買い取りサービスの会社では2〜30万円の差額があることもあります。

300万円の自動車の購入で2%の差を考えて増税前後どちらがトクか考えても消費税だけで6万円の差しかないので、オトクに車を買い換えようと思うと新車の値引きと愛車の買取額のトータルを考える必要があるんです。

 

通常乗り換えをする時は、新しいクルマを購入するディーラーで下取りを行ってもらいますよね。

確かにディーラーで購入と下取りを同時におこなえば手間はなくラクチンです。

 

ただ、考えてみるとデメリットや不安も思い浮かびませんか?

  • ディーラー1社だけの見積で適切な金額かどうかわからない
  • 下取り金額と車本体の値引きがあいまいで正確な下取り金額がわからない

でも複数の買取店に見積もりをとるのも面倒だし一括査定に申し込むと大量の営業電話に対応するのが苦手だという方も多いと思います。

 

そこでおすすめなのが、ユーカーパックのUcar査定です。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

こちらは今までの一括査定とくらべ、より高く、より安心に、より簡単に車を売ることができるサービスです。

一度の査定で最大2000社からの入札を受けることができ、しかも連絡をとるのはユーカーパック1社のみで大丈夫なのです。

入札する業者には車両情報のみが渡され、個人情報が直接買取業者に流れる心配もないので、安心して高額査定をまかせることができますね。

 

ぜひユーカーパックで安心・簡単に高額査定をしてみてくださいね!

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック



まとめ

今回は消費税増税10%を間近に控え、自動車購入のおすすめ時期や、増税後の維持費への影響などについてみてきました。

  • 消費税増税時に自動車取得税は廃止されるが、環境性能割(燃費課税)が導入される。
  • 切り替わるギリギリのタイミングは駆け込み需要のため値引きはあまり期待できない。
  • どうせ買い換えるならかなり早めか、増税後の決算期の2020年3月納車がおすすめ。

 

自動車購入時だけでなく、ガソリン代や高速道路の通行料金、車検代や自動車保険など、増税の影響は直接・間接ともにかなり大きくなることが予想されます。

増税から身を守るためには、自動車の購入時には下取り価格も含めたトータルでのコスト計算をしっかりする必要がありますね。

スポンサーリンク