毎年12月になると見ることのできるふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とならんで、年間三大流星群のひとつに数えられています。

ふたご座流星群は、毎年安定して1時間あたり40〜60個の流星を見ることができ、多い時には実に100個近くも見ることができる比較的観測しやすい流星群です。

 

12月の夜空を観測するのは、かなり寒くなってきましたが、その分空気も澄んでいて、ぜひふたご座流星群をきれいに見たいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 2018年のふたご座流星群のピーク時間帯や方角
  • ふたご座流星群の沖縄でのおすすめ観測場所

について見ていきたいと思います。

 

ぜひ最後まで記事を読みすすめて、沖縄でのおすすめ観測場所からふたご座流星群を観察し、願いを叶えてくださいね!

 

【関連記事】
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と東京のおすすめ観測場所も紹介!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と横浜のおすすめ観測スポットも!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と大阪のおすすめ観測場所も紹介!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と福岡のおすすめ観測場所も紹介!

スポンサーリンク

ふたご座流星群2018年のピーク(極大)はいつ?

ふたご座流星群は、毎年安定して流星を見ることができ、また明るい流星も多いので天体観測初心者にも観測しやすい流星群です。

ふたご座流星群は早い時間からほぼ一晩中見ることができるので、小さい子供さんはもちろん、どの年代の方にとっても観測しやすいというのも特徴ですよ。

 

せっかくふたご座流星群を観測するのであれば、一番ピーク(極大)のときに観察してみたいと思いませんか。

2018年のふたご座流星群のピークの時間帯は、12月14日午後9時ごろです。

 

午後9時頃であればほとんどの方にとって、観測することが可能な時間帯ですね。

ただピーク(極大)というのは地球上からの観測しやすさとは関係なく、流星群自体の活動が一番活発な時間帯のことで、実際の地上からの観測の見頃は流星群の放射点(流星が出現する中心の点)が夜空の高い位置にくる時間なんです。

2018年のふたご座流星群は、ピーク(極大)の時間の12月14日の午後9時頃は、まだ放射点がそれほど高くないので、地上からの観測の見頃は、午後10時以降まで待ったほうがよさそうです。

 

心配なのは、ピークの日の天気ですが、もし12月14日に曇りや雨で流星群が観察できなかったとしても、ピークの日の前後2〜3日にかけてはピークと同じくらい流星はみることができるので、安心してくださいね。

また、ピークのころに比べると少し数は少なくなりますが、12月上旬から12月下旬にかけて約1ヶ月弱の間ふたご座流星群の活動は見ることができるので、ぜひ12月の間に星空を見上げてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2018年の見える時間帯や方角は?

ふたご座流星群は毎年安定的にある程度の数の流星が出現し、明るい流星も多いので、比較的観測しやすい流星群といえます。

2018年の沖縄でのふたご座流星群が見やすい時間や方角はどうなっているのでしょうか?

 

ふたご座流星群がピークを迎える12月14日の午後9時頃は放射点もまだ低く、月が出ているのでそこまで観測条件は良いとはいえません。

実はピークの時間より、月が沈んだあとの22時40分を過ぎた頃からは、月の明かりにも邪魔されず、また放射点も高くなってくるので、23時前から夜明け前が一番観測に適した時間帯となります。

 

ふたご流星群の放射点があるふたご座は、東の空に昇るので、東の空を見上げるのが観察に適しています。

ただ流星群は、放射点から離れた場所でも見ることができるので、東の方角の空にこだわるのではなく、街の明かりや街灯などの影響の少ない暗い空を見たほうが流星をよくみることができますよ。

 

例年どおりだと1時間に40〜60個程度みることができると予想されているので、楽しみに夜空を見上げてみてくださいね!

ふたご座流星群の沖縄のおすすめ観測スポットは?

ふたご座流星群はかなり速度の速い流星が多いので、肉眼でも観測することができますよ。

とはいっても、流星を見つけやすくするためには、やはり少しでもまわりが暗いところで観測をすることをおすすめします。

暗い場所で目を慣らすと、瞳孔が広がり、光を認識しやすくなるので、観測する前に30分ほど暗さに目をならしてみてくださいね。

 

沖縄は美しい自然が今も数多く残る天体観測には適している地域です。

ところが、市街地では街の明かりの影響をうけてしまい、流星群を見るのに適しているとはいえません。

 

市街地から車で少し走ると、明るい施設や背の高い建物に邪魔をされることなく、満点の星空を堪能することができますよ。

それでは、沖縄のおすすめ観測スポットを紹介していきたいと思いますので参考にしてみてくださいね!

国頭村森林公園(くにがみそんしんりんこうえん)

沖縄本島北部にある「国頭村森林公園(くにがみそんしんりんこうえん)」は、バンガローやオートキャンプ場など、宿泊施設も充実した天体観測の楽しめるスポットです。

自然いっぱいの公園では、街灯も少ないので、流星群を思う存分楽しむことができますよ。

【住所】沖縄県国頭郡国頭村字辺土名1094-1

【駐車場】無料

残波岬(ざんぱみさき)

沖縄本島中部に位置する「残波岬(ざんぱみさき)」は、美しい夕日を見ることができるスポットとしても有名で人気があります。

沖縄といえば白い砂浜をイメージする方も多いと思いますが、残波岬は約2kmにもわたる断崖絶壁で、日が落ちる前から訪れ、雄大な景色とサンセットを見るのもおすすめです。

アクセスも那覇空港から高速道路で1時間ほどで着くので、訪れやすいのもうれしいですね。

【住所】沖縄県中頭郡読谷村宇座

【駐車場】無料

 

ふたご座流星群はかなり明るいので本格的な天体望遠鏡でなくても十分観測することができます。

ぜひ、手軽に持ち運べるオペラグラスで流星を観測してくださいね!

 

まとめ

今回は2018年のふたご座流星群について、ピークの時間帯や見える方角、沖縄でのおすすめ観測場所などについて見てきました。

  • ふたご座流星群2018年のピークは12月14日午後9時ごろ
  • ただし月明かりの影響を受けず観測に一番有利なのは12月14日午後11時以降
  • ふたご座流星群の見える方角は東だけでなく空全体
  • 街の明かりの影響を受けない暗い場所での観測がおすすめ

 

ふたご座流星群は、肉眼でも見ることができる流星群で、ピークの日の前後でも変わらないほどの数の流星を見ることができるので、12月14日前後には、ぜひ夜空を見上げてみてくださいね。

夜中に観測をされる方は、この季節になるとかなり寒暖差も大きく、昼間は暖かくても夜は冷え込むことも多いので、寒さ対策だけはしっかりとして、風邪などひかないようにしてくださいね!

 

【関連記事】
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と東京のおすすめ観測場所も紹介!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と横浜のおすすめ観測スポットも!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と大阪のおすすめ観測場所も紹介!
ふたご座流星群2018年のピークはいつ?時間や方角と福岡のおすすめ観測場所も紹介!

スポンサーリンク