いよいよ2019年のセ・パ交流戦が開幕しました。

15年目を迎える今年の交流戦は、5年ぶりに優勝を争う方式で行われるので、どのチームが優勝賞金3000万円を勝ち取るのかも気になり一試合一試合目が離せませんね。

 

通常のペナントレースではなかなか見ることのできない対決も見ることのできる交流戦は、ある意味お祭り気分で楽しみながら見ることのできまるのもうれしいところです。

例年パ・リーグの強さが目立つ交流戦ですが、今年の交流戦はセ・リーグの各チームもどのような戦いをみせてくれるのか、ぜひリアルタイムで生中継をみてみたいですよね。

 

調べてみたところ動画配信サイトのDAZNであれば、セパ交流戦を生中継で見ることができることがわかりました。
(※ 広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズの主催試合を除く)

DAZNでの視聴方法や、交流戦以外にも見ることのできるメジャーリーグなどについても後半では紹介していきますので、楽しみに読んでいってくださいね!

 

>>いますぐ交流戦の動画配信をDAZNで見る

スポンサーリンク

プロ野球交流戦2019の試合日程は?

2019年の交流戦の試合日程は以下のようになっています。

各チームが18試合を戦い、どのチームが優勝を勝ち取るのかその行方が気になりますね。

交流戦の試合日程(対戦カード)

  • 6月4日~6日
    • 日本ハム - ヤクルト
    • 楽天 - 巨人
    • 西武 - 広島
    • ロッテ - 阪神
    • オリックス - DeNA
    • ソフトバンク - 中日
  • 6月7日~9日
    • 巨人 - ロッテ
    • ヤクルト - オリックス
    • DeNA - 西武
    • 中日 - 楽天
    • 阪神 - 日本ハム
    • 広島 - ソフトバンク
  •  6月11日~13日
    • 日本ハム - 広島
    • 楽天 - ヤクルト
    • 西武 - 巨人
    • ロッテ - DeNA
    • オリックス - 中日
    • ソフトバンク - 阪神
  • 6月14日~16日
    • 日本ハム - 巨人
    • 楽天 - 広島
    • 西武 - ヤクルト
    • ロッテ - 中日
    • オリックス - 阪神
    • ソフトバンク - DeNA
  • 6月18日~20日
    • 巨人 - オリックス
    • ヤクルト - ソフトバンク
    • DeNA - 日本ハム
    • 中日 - 西武
    • 阪神 - 楽天
    • 広島 - ロッテ
  • 6月21日~23日
    • 巨人 - ソフトバンク
    • ヤクルト - ロッテ
    • DeNA - 楽天
    • 中日 - 日本ハム
    • 阪神 - 西武
    • 広島 - オリックス

さすがに連日のこの試合数なので、すべての試合を地上波で放送することはありません。

しかも地上波での放送は限られた試合のみで、ローカル放送が多く、地域によっては全く見ることができないんです。

 

そこでBSの設備がなくても、また移動中にスマホやタブレットで見ることもできる、交流戦を見るのにおすすめなのが、動画配信サイトDAZNを利用することなのです。

スポンサーリンク

セパ交流戦のリアルタイム配信をネットで見る方法は?

プロ野球セパ交流戦2019の熱戦を、リアルタイムにネット配信で見る方法は、動画配信サイトDAZNを利用することです。

ネット配信を利用するので、住んでいる地域や、テレビの前にいるかどうかに関係なく移動中でもスマホやタブレットで試合を観戦することが可能です。
(※ 広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズの主催試合を除く)

 

ネットにさえつながる環境があれば、どこでも交流戦を見ることができ、残業中の会社や、帰宅途中の電車の中でもしっかりリアルタイムに応援することができますよ。

しかもDAZNには、1ヶ月の無料トライアル期間があるので、ぜひ一度体験してみてくださいね!

交流戦の生中継&見逃し動画はDAZNの無料体験で!

2019年の交流戦は今年で15年目を迎え、各チームがそれぞれ18試合を戦い、全108試合で交流戦優勝を争います。

交流戦はとにかくパ・リーグが強く、セ・リーグが勝ち越したのは2009年の一度しかありません。

交流戦の始まる前から、パ・リーグにツイッターで煽られる程です。

 

やっぱり優勝を争うだけでなく、ペナントレースでも重要な意味をもつ交流戦は、生中継で応援したいですよね。

 

1ヶ月1,750円(ドコモユーザーなら980円)(税抜)で、PCやスマホ、タブレットはもちろん、スマートテレビやApple TV、Chromecastを使用すれば大画面でCSファイナルの試合を迫力たっぷりに観戦することができます。

しかも、1ヶ月間は無料でお試しすることができ、万が一思っていたのとは違うといった場合には、いつでも退会できるので、有料期間になる前に退会すれば完全に料金の負担なしでお試しをすることができます。

 

ぜひDAZNを試してみてくださいね!

>>いますぐ交流戦の動画配信をDAZNで見る

DAZNはプロ野球交流戦以外にもスポーツコンテンツが見放題!

DAZNのサービスは、プロ野球交流戦の試合はもちろん、MLB(メジャーリーグ)の試合も見ることができます。

生中継はもちろん、見逃してしまった場合にも、見逃し配信があるので、どうしても生でみることができない用事があるといった場合でも、ゆっくりあとから試合をフルで見ることができるので安心ですね。

 

また野球だけでなく、サッカーや、テニスなどを、生中継や見逃し配信で見ることができます。

 

他にもF1などのモータースポーツ、バスケットボール、格闘技など、見ることのできる競技を数え上げていくとキリがないほどです。

DAZNの会員になると、130以上のスポーツの年間7500試合以上を見放題できるということで、スポーツ好きにはたまらないサービスですね。

>>いますぐ交流戦の動画配信をDAZNで見る

DAZNに入会する前に注意しておいたほうがいい2つのポイント

ただDAZNに入会する前に注意しておいた方がいいことがあります。

 

当然といえば当然なのですが、無料期間の1ヶ月以内に解約しないと課金されてしまうということです。

うっかりいつまでが期限なのかを忘れてしまったり、具体的に何月何日までかを把握していなかったりして課金されてしまったらショックは大きいですよね。

なので無料でDAZNを体験する時に注意するポイントは以下の2つになります。

  • 入会するときに、何月何日までに解約すれば無料ですむのか把握してメモしておく。
  • 忘れずに無料期間内に確実に解約処理をする。

 

でも心配はいりません、なぜならDAZNに登録する時の画面には、具体的に何月何日以降に利用すると有料になると表示されるからです。

念のためにこの日にちより2〜3日前をメモに書いておいたり、カレンダーに登録さえしておけば確実に無料で解約できるので問題ありませんね。

まとめ

今回は、プロ野球交流戦の試合のフル動画をネットでみる方法についてみてきましたが、いかがだったでしょうか。

残念ながらBSの設備が無い方や地上波で見られない地域の方は、ぜひDAZNで試合を思う存分観戦してくださいね。

 

プロ野球やメジャーリーグをはじめ、130以上のスポーツを年間7500試合以上を見放題で、月額1750円(ドコモユーザーは980円)というのは、本当に破格の安さだと思いませんか。

>>いますぐ交流戦の動画配信をDAZNで見る

 

スポンサーリンク