【2020年5月3日】更新

最近では新型コロナウイルスの影響で使い捨てマスクをなかなか購入できなくなっていますね。

新型コロナウイルス対策はもちろんですが、毎年花粉症で悩んでいる方にとっては現状のマスク不足は本当に困っていることと思います。

 

どうしてもマスクが手に入らないけど使わないわけにはいかないので、今ある使い捨てマスクをしかたなく何日もつけているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では現在入手することができ、安心して使用できる下記のような日本製の洗えるマスクのおすすめを洗濯可能な回数とともに紹介していきたいと思います。

また記事の後半では現在在庫切れですが販売再開時のお知らせメールを登録できる50回洗える「ミツフジhamonAGマスク」も紹介しますので、ぜひ登録してみてくださいね!

スポンサーリンク

【在庫あり】ネットで購入できる日本製の洗えるマスクのおすすめは?

マスクが手に入りにくくなった当初は、政府からも増産体制をメーカーに依頼しているので、マスク不足はしばらくすると解決するという報道がありました。

ところが実際には現在でも街の販売店ではマスクを購入することは困難なままで、一向に解決する様子はないですね。

 

そんななか朝からマスクを目当てにドラッグストアで行列にならんだりというニュースを見ると、逆に感染してしまうのではないかと心配になります。

またこれだけマスク不足が続くと使い捨てのマスクではいつ足りなくなるのかと心配になってしまい、洗えるマスクを購入したいと思いますよね。

 

そこで記事執筆時に在庫があることが確認できた日本製の洗えるマスクを紹介していきますので、確認してみてくださいね!

3回洗っても花粉を99%カットできる「ピッタマスク」

まず紹介するのはアラクスのピッタマスクです。

柔らかい伸縮性のあるポリウレタン素材でかけごこちもよく、耳が痛くなりにくいのもうれしいですね。

 

以前はドン・キホーテや街中のドラッグストアなどでよく見かけたのですが、今ではすっかり品切れになってしまいました。

店頭に在庫があるのかどうかわからないのに、わざわざ人混みに出かけて販売店めぐりをするより、在庫のあるネット通販で購入したほうが安心できますよね。

 

メーカーは3回洗っても花粉を99%カットとうたっている商品ですが、3回以上使うことも可能で、使い捨てのマスクを何日もつけるよりは安心できると思います。

交換式のフィルターでマスク本体は何回でも洗濯可能「フィルター入れ替え式 ウォッシャブルマスク」

こちらはフィルターを交換して入れ替えることができ、マスク本体は何回でも洗濯可能な「フィルター入れ替え式 ウォッシャブルマスク」です。

フィルターは1枚で6日の使用が推奨されていて15枚付属しているので90日の使用が可能になります。

 

日本国内の織物会社の自社工場で製造されているというのも安心できますね。

スポンサーリンク

洗濯可能回数が多くて丈夫!日本製の洗えるマスクのおすすめは「ミツフジhamonAGマスク」

通常洗えるマスクというと、上記で紹介したピッタマスクのような3回から多くても10回洗濯可能とメーカーが推奨しているものが多いですよね。

ところがミツフジ製のhamon AGマスクはなんと50回の洗濯試験でも抗菌性を確認済みということで、TVのニュースや新聞でとりあげられ話題になっています。

 

残念ながら現在注文が殺到していて在庫があるショップはなく、すぐに入手することはできません。

ただ予約販売が再開されたらお知らせメールをもらえるように登録したり、入荷したら連絡がもらえるように登録できるネットショップもあるので、以下の記事を参考にして登録してみてくださいね。

ミツフジhamonAGマスクの購入方法は?通販サイトや予約受付メールアドレスも紹介!

まとめ

今回の記事では通販で購入可能な以下のような洗えるマスクについて紹介してきました。

また現在在庫切れですが、50回洗濯可能な洗えるマスク「hamon AGマスク」も予約開始や入荷をお知らせしてもらえるメールを登録できるので、ぜひ登録してみてくださいね。

 

新型コロナウイルスの影響でのマスク不足はまだ当分続くことが予想できます。

ぜひすぐに購入できる通販サイトで洗えるマスクを入手して、感染予防の対策をしてくださいね!

スポンサーリンク