8月28日の午前9時、南鳥島近くで台風21号が発生しました。

2018年の夏は、立て続けに台風が発生していて、8月だけでも9個の台風が発生していて、24年ぶりの多さとなっています

 

今年の夏は、かなり台風の被害が発生していますが、はたして台風21号も日本列島に影響を及ぼすのかが気になるところです。

そこで今回は、次のような点を見ていきたいと思います。

  • 2018年の台風21号の米軍最新進路予想
  • 台風21号の名前とその由来
  • 台風21号が日本列島に上陸する可能性

まだまだ暑い日が続く中、被害から身を守るためにも台風21号の最新情報をご覧ください。

スポンサーリンク

2018年の台風21号の米軍の最新進路予想図は?

8月28日に発生した2018年の台風21号は、現在南鳥島の近海を西北西に向かって進んでいます。

台風21号は急激に発達しながら進んでいて、30日には非常に強い勢力にまで発達すると見られています。

 

気になるのは、台風21号はいつごろ日本列島のどのあたりに最接近するのかということですよね。

米軍の最新進路予想を見てみましょう。

引用元:http://www.metoc.navy.mil/jtwc/

 

米軍の最新進路予想図では、今後は北西に進み、しだいに進路を北に向けて西日本に向かってくる予想になっています。

スポンサーリンク

2018年の台風21号の名前と日本列島に上陸する可能性は?

8月28日に発生した台風21号は、現在南鳥島付近の海上を北西に進んでいて、30日には非常に強い勢力に発達すると見られています。

台風21号の名前は「チェービー」で、韓国が準備したツバメという意味です。

 

中心気圧は975ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は毎秒35メートル、最大瞬間風速は毎秒50メートルです。

今後は勢力を強めながら日本列島に近づき、1日には日本の南に達すると見られています。

 

来週には勢力が衰えないまま日本列島への接近が予想されていて、海上は非常に荒れると見られています。

特に西日本は上陸する可能性もあるので、海に近い地域のかたは、くれぐれも最新情報を入手して安全には気をつけてくださいね!

まとめ

今回は、2018年の台風21号の最新米軍進路予想図や、名前と日本列島への上陸の可能性について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

  • 台風21号の日本列島上陸の可能性 → 強い勢力のまま9月5日付近に西日本に上陸の可能性あり
  • 台風21号の名前 → チェービー:韓国語でツバメという意味

台風21号は強い勢力を保ったまま西日本に上陸する可能性が高いと見られていますが、もっと東よりに接近するという予報もあります。

海の近くに住まれている方は、台風の最新情報をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク