9月29日の午後3時ごろ、グアム島近海で台風25号が発生しました。

現在台風24号が日本列島に風雨の影響を与えつつ接近していて、台風21号と同様の被害を与える可能性があります

心配なのは、台風24号に続いて台風25号が日本列島に上陸すると、立て続けに直撃する風雨で大きな被害を受けることですよね。

 

そこで今回は、次のような点を見ていきたいと思います。

  • 2018年の台風25号の米軍最新進路予想
  • 台風25号の名前とその由来
  • 台風25号が日本列島に接近する可能性

立て続けに日本列島を襲う強い勢力の台風がどの程度被害を与えるのか心配な方も多いと思いますが、被害から身を守るためにも台風25号の最新情報をご覧ください。

スポンサーリンク

2018年の台風25号の米軍の最新進路予想図は?

9月29日に発生した2018年の台風25号は、現在マリアナ諸島近海を西北西に向かって進んでいます。

果たして台風25号は、また日本列島へ接近するのでしょうか。

 

気になるのは、台風25号の勢力の強さや今後の進路予想ですよね

米軍の最新進路予想図を見てみましょう。

引用元:http://www.metoc.navy.mil/jtwc/

 

米軍の最新進路予想図では、今後は北西に向かって進み、その後は、進路は日本列島に向かって北上する予想もされています。

現在の段階ではまだはっきりと進路は予想されていませんが、来週末には沖縄の南海上に進むと考えられています。

その後は台風24号と同様に日本列島を縦断する可能性も言われているので、十分に注意する必要がありますね。

スポンサーリンク

2018年の台風25号の名前と日本列島に上陸する可能性は?

9月29日に発生した台風25号は、マリアナ諸島付近の海上を西北西に進んでいて、今後は勢力を強めながら発達するとみられています。

台風25号の名前は「コンレイ」で、カンボジアが準備した伝説の少女の名前です。

 

現在、中心気圧は996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は毎秒20メートル、最大瞬間風速は毎秒30メートルです。

今後は勢力を強めながら西に向かい、来週末には沖縄付近に到達し、そこから北上して日本列島を直撃する可能性もあります。

 

台風25号の進路については、現状はっきりとは判明していませんが、現在日本列島に影響を与えている台風24号の後を追って同様のルートで日本に上陸する可能性もいわれています。

まとめ

今回は、2018年の台風25号の最新米軍進路予想図や、名前と日本列島への上陸の可能性について見てきました。

  • 台風25号の日本列島上陸の可能性 → 台風24号と同様のルートで日本上陸の可能性がある。
  • 台風25号の名前 → コンレイ:カンボジア語で伝説の少女の名前

 

台風25号は勢力を強めながら北西に進み、その後は日本列島に向かって北上する可能性もあります。

また来週後半には沖縄や九州に接近すると見られているので、海は荒れることが予想されます。

今後の進路には十分に注意して、とくに海の近くに住まれている方は、台風の最新情報をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク